loading...
FAXでご注文
ブログ~本日の店舗
店長コラム
INFONIX実店舗のご案内
スタッフ紹介
INFONIX-Instagram

営業日

今月(2019年12月)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
翌月(2020年1月)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ラッピング

贈る方の気持ちをこめてラッピングいたします(有料:200円)

ラッピング

箱に入れて包装いたします

恐れ入りますが、包装紙、リボン等のご指定はお受けいたしておりません

SSL

ギベオン隕石約10.5ミリ玉ブレスレット

<現品>

主成分は鉄90%で、ニッケル8%他に
ゲルマニウム、イリジウムなどから構成されています。

ギベオン特有の網目模様が綺麗に見られます

錆を防止するためにロジウムコーティングが施されています

ギベオン隕石ブレスレット
ギベオン隕石
10-10.6ミリ玉×19個 89.2g
透明ゴム2重仕様
腕周り約16.5-17センチ程度

現品を元に小さなサイズへの変更を承ります
(外した珠は商品と同梱でお届けします)

ギベオン隕石「GIBEON」(メテオライト)


1836年にナンビア共和国のギベオンで
初めて発見された隕石です。
この隕石の誕生は今から
約46億年前の太陽系の誕生に遡ります。
主成分は鉄90%、ニッケル8%他にゲルマニウム、
イリジウムなどから構成されています。
この隕石の特徴は「ウィドマンシュテッテン構造」
と呼ばれている細かい網目模様です。
これは鉄とニッケルの合金を加熱融解した後に
極めてゆっくりと冷却した場合に、約900度で
ニッケルの多い部分と少ない部分に
分かれる現象が起こり始めます。
ニッケルの多い部分は酸に溶けにくく、
少ない部分は解けやすいという性質を持ちます。
ギベオン隕石を酸処理することにより
溶け具合の差が模様となって現れるために
この構造が形成されます。
冷却速度が遅いほどこの分離過程は進行するため
ウィドマンシュテッテン構造を形成するのには、
100万年以上の膨大な時間が必要とされています。
この為、人工的に合成することは不可能であると
科学的に立証されています。
商品名 ギベオン隕石約10.5ミリ玉ブレスレット
商品番号 GIBEON-RM1051IS
商品規格 腕周り約16.5-17センチ程度
販売単位 1個
商品価格 ¥71,300
ブレスレットサイズ
  • 撮影条件により実物と写真では印象に若干の相違いが出て参りますのであらかじめご了承ください。
    また、お客様のモニターの特性により、画像の色が実際のものと多少異なって見える場合がございます事をご承知おき下さい。