天然石を新着商品でさがす
天然石名でさがす

今日の誕生石
5月11日

レース・アゲート 勇気
誕生日石一覧
天然石の卸し販売について
インフォニック公式ブログ「本日の店舗」バナー
Infonix実店舗のご案内バナー

営業日

今月(2021年5月)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
翌月(2021年6月)
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

営業のご案内

(定休日:火・水)

ギフト包装

贈る方の気持ちをこめてラッピングいたします(別途200円)

ラッピング

箱に入れて包装いたします。

※包装紙・リボン等のご指定はお受けしておりません、ご了承くださいませ。

SSL

水晶とガラスの違いについて、意外な発見!

実店舗店長&バイヤーカツノです。コラムを読んで下さり有難うございます。

水晶とガラスの成分は同じ!?

パワーストーンの原点とも言われるクリスタル(水晶)。

水晶に始まり行き着く所はやはり水晶と言われる位、水晶は奥が深く魅力に溢れています。

水晶は二酸化珪素が長い年月をかけて結晶化したモノを水晶と呼ぶのですが...、皆様の身近にあるガラスのコップやガラス窓、実はこのガラスの主成分も二酸化珪素なんです。

つまり、水晶の成分とガラスの成分が同じと言うことになります。 (僕も過去に初めて知ったときは驚きました)

強度を上げるために作られた人工水晶

こんな身近に水晶?があったなんて...。

ガラスは強度があり熱にも強く透明であることから使い勝手が良く、私達の生活には無くてはならない素材となっています。

ガラスが水晶と同じ成分と考えると強くて頑丈なのも納得です。

人口水晶もガラスの強度を上げるために主に作られたそうです。

ガラスの主な作り方は、ケイ砂にソーダ灰(炭酸ナトリウム)を混ぜ、1000℃以上の温度で加熱融解して作られます。

加える鉱物によって色々な特徴(色、硬度、融解温度など・・)を作り出すことができるみたいです。

ん~難しいのでこれ以上詳しい説明はやめておきます・・・

明確な違いは「結晶しているか、していないか」

水晶とガラスの明確な違いは結晶しているか、結晶していないかだけなんです。

溶練水晶(一度水晶を溶かして固めたモノ)は、鑑別に出すとガラスという鑑別結果になります。

水晶は一度溶かすと結晶を失い、硬度や溶ける温度も変わってしまうからです。

結晶していない水晶=主成分が珪素=ガラスとなってしまうのです。

一度溶かして再び固めると、クラックや不純物を取り除いた綺麗なモノを作ることが容易にできます。

この事から、通常に出回っているとても綺麗な水晶は、価格からいっても熔練水晶の可能性が高いと推測できます。

1キロある水晶クラスターから、ブレスレット一本文の綺麗な水晶がどれだけ取れるでしょうか?

1キロの綺麗なクラスターでしたら、1万円出しても買えないです。

それが手間のかかっているビーズの方が遥かに安いのは何故...?

やはり天然水晶のビーズは少ないと予測できます。

水晶・人口水晶・熔練水晶・ガラスの違い

◆水晶は長い年月をかけて結晶化したもの。
・軟化温度が1650℃と高く、溶かすには特別な技術を必要とする。

◆人口水晶は短時間(1~3ヶ月)で結晶化させるため結晶の仕方が均一(鑑別に出さなくてはわかりません)
・結晶しているから硬度も高い。
・人口水晶は費用がかかる為、天然石業界には無いと言われている。(確かな事は解りませんが、あるとすれば高価な無傷な水晶!それか内包物を人為的に混入させ、珍しいインクルージョン水晶として高価な価格で販売出来るモノが考えられる)
・不自然な水晶に内包物インクルージョンは注意が必要。

◆ガラス=熔練水晶である
・ガラスの軟化温度は約720℃。水晶の約半分で溶ける。
・結晶していない。
・基本的にクラックなどはなく透明。(わざとクラックを入れレインボー水晶にする可能性あり)

水晶の簡単な見分け方

一般的には水晶の方がガラスよりも冷たく感じる。(例外として水晶のパワーで逆にあったかく感じるかもしれません^^)

同じ温度の場所に置いてあり、同じ大きさの水晶とガラス玉を氷の上に乗せると、水晶の方が早く氷を溶かしていきます。

これは水晶の方が熱伝導率が高い為、自身が持つ温度をすぐに氷に伝える事により、早く氷が溶けていきます。

こんなに違う!!と思うくらい違いますので是非試してみてください。

水晶とガラスの見分け方として反射板を使った屈折率の違いでの見分け方や、髪の毛が二本に見えたら本物などありますが、これらはビーズになって穴が通っているとわかりません。

ですので、この氷を使った見分け方はビーズなどには有効だと思います。

※僕自身が調べたことですので間違いがあるかもしれませんので何卒ご了承下さいませ。

◆水晶とガラスの見分け方についてはこちらもご覧ください ↓
水晶の見分け方バナー

◆100mm以上の水晶丸玉をお探しの方はこちらもご覧ください ↓
100mm以上の水晶丸玉をお探しの方バナー

店長のおすすめ天然石

◆レインボー水晶

レインボー水晶玉

水晶の頂点に君臨するのは無色透明で傷や凹みが限りなく無い「無垢水晶玉」であり、150mmを超える大玉にもなれば市場価格は1,000万円を上回ります。

次に価値が高いのは、このレインボーが煌めく「レインボー水晶」とされています。もちろん、レインボー水晶にも品質が存在しており、より透明度が高い水晶の中に、綺麗な虹が自然にできあがったものが最上級とされています。

すべてのクラックにレインボーが出るわけではなく、逆にクラックの影響で透明度が低くなってしまうわけですから、透明度とレインボーが共存しているレインボー水晶の価値は高いと言えます。

レインボー水晶一覧はこちら

◆[ガネッシュヒマール産]天然ヒマラヤ水晶ブレスレット

ブレスレットとして水晶をお求めの方には是非おすすめしたいのが、このガネッシュヒマール産ヒマラヤ水晶です。

象神ガネーシャが守り続けると云われる標高7,000メートル以上のネパールヒマラヤ山脈のさらに険しい山奥で採れる水晶で、非常に透明度の高い当店インフォニック一押しのブレスレットです。

ヒマラヤ水晶ブレスレット一覧はこちら

◆ガーデンクォーツブレスレット

ガーデンファントムクォーツブレスレットです。こちらもれっきとした水晶の仲間で、まるで玉の中に日本庭園が閉じ込められてるような幻想的な姿をしています。

ブレスレットとしても、とても身に付けやすいと思います。僕自身もこの個性的で目を惹くガーデンクォーツがとても好きです。

ガーデンクォーツブレスレットはこちら

◆その他たくさんの新着商品が入荷しております。

いつもInfonix(インフォニック)をご利用いただき誠にありがとうございます。

ご要望やご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。最後まで読んでくださり有難うございます。

インフォニックは何が違うのか?バナー
天然石名で探すバナー