6月24日の誕生石

ウォーターオパール


ウォーターオパール

宝石言葉「乙女の恋心 」

■ウォーターオパールの定義
ウォーターオパールと称されて市場に出回っているメキシコ産オパールがある。
これは地色が無色透明に近いと確認されたメキシコオパールである。
ウォーターオパールは地色が無色であるため、
斑の弱いものは宝飾品に加工すると石そのものの存在感が薄くなる場合が多い。
裸石(ルース)の状態ではそのようなことは気にならないため、裸石(ルース)収集家向きのオパールと言える。
極上のウォーターオパールは文字通り水滴のように透明感のあるオパール石である。
白い紙の上に置くとオパール石自体が極めて透明であたかも水滴を垂らしたようにみえるが
これを抜けの良いオパールまたは白メキと呼んでいる。
ウォーターオパールの高品質とされる石はやはりファイアーすなわち斑の豊かな遊色効果のすぐれたものが珍重され
特に赤、橙、黄、青、緑のピンファイアーまたはジュビア(lluvia)が出る石は極めて高価である。
日本国内ではファイアーオパールよりも人気のあるオパール石である。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

オパール 「opal」 蛋白石
化学組成:SiO2・nH2O
結晶系:非晶質
光沢:ガラス光沢
モース硬度:6.5
比重:2.15
劈開:無

独特の遊色効果を持つ石として人気の高いパワーストーンで10月の誕生石。
ブルー 、グリーン、イエロー 、オレンジ、レッドなどの神秘的な輝きは特に日本人に好まれています
遊色効果が明瞭で色合いが鮮明なものほど高品質とされています
名称は:サンスクリット語の「upala・貴石」に由来します










インフォニック home ご意見等 会社案内 サイトマップ (c)2002-2009 INFONIX パワー・ストーンのINFONIX